"タンザニア美術"の記事一覧

彫刻家の祖父と父とそして息子と

 彫刻家マティアス ナンポカの次男坊、20歳になるというヨハナ。彼も彫刻家になりたいという。  父マティアスは今年52歳、彼の父、エバリストもシェタニ(精霊)の作品ばかりを創っていたマコンデ彫刻家(出身はモザンビークで、モザンビークのポルトガルからの独立戦争の時にタンザニアに逃れてきた)だった。その父は病気で2000年に他…

続きを読むread more

マコンデ美術館!

 タンザニアにいた時でさえ、こんなに迫力ある様々な異形を抱えるマコンデ彫刻たちに見つめられたことはない。見ているのはわたしのはずなのに、わたしを飛び越えたところに彫刻たちが醸し出す大いなるエネルギーが満ちている感じがしてならないのだ。広いフロアに並ぶ様々な大きさ、形を持つ彫刻たちはとても雄弁に力強くその存在を物語っていた。 …

続きを読むread more

再びシェタニがやってきた⭐️リランガカレンダー2024

 3年ぶりにリランガカレンダーがシェタニ(精霊)たちと共にやってきます!  2024年は、ちょっとパステル調の作品の中で、シェタニなのに人間くさいところがあり愛嬌あって憎めないヘンドリック リランガのシェタニたちがあんなことやこんなことをやってるカレンダーとなっています。久しぶりのカレンダーでの登場なので、シェタニたち、ちょっと緊…

続きを読むread more