手作りのびのび幼稚園と『ニョタのふしぎな音楽』の読み聞かせ

 10年ほど前にダルエスサラーム郊外でハリマさんとハミシさん夫妻が始めた幼稚園。小さな教室からスタートし、少しずつ手作りで建物や遊具を整えていったそうだ。
 ハミシさんはジャタツアーズの経理担当のスタッフでもある。

chekechea.jpg
familia.jpg
左からハリマ園長先生、お子さんのMちゃん、ハミシさん。

 今は3歳から5歳までの子どもたち、76人が通ってきている。ハリマ校長先生の他にも3人の先生がいるから、子どもたちへも十分目の届く環境にある。

watoto.jpg
元気な園児たち。ピースサインは万国共通となったのか。
walimu.jpg
チャーミングな先生方

 たくさんの手作りのカラフルな絵と単語が書かれたポスターなどで壁が飾られている教室もとても明るい雰囲気だ。

chumbachamwalimu-tile.jpg

 園庭にはたくさんのシェードツリーが植えられていて、滑り台や回転する遊具などもある。タイヤを転がすのが大好きな子も。

wanacheza.jpgtairi.jpg


 朝8時から夕方の4時までが幼稚園児のいる時間。結構時間が長い。近隣の子どもたちが多いけど、バイクなどで親と共に通園してくる子どもたちもいるとのこと。
 
 子どもたちは歌や遊びもするけれど、ノートを数冊持ってきていて、算数、英語、スワヒリ語などの勉強もする。

darasani.jpg
食事の前には手を洗います。


 11時半におやつ(この日は食パンとウジというトウモロコシ粉のお粥)があり、13時半に給食が出る。

nawamikono.jpg
食事の前に手を洗おう


 給食時間には遭遇しなかったのだけど、この日のメニューはウガリとマハラゲ(豆の煮込み)だそうだ。その前日はマカンデ(トウモロコシの粒とお豆の煮物)で、明日はウガリとキャベツの炒め煮なのですと。(キャベツの炒め煮はわたしも好物)

uji.jpg

 ちゃんと調理室があり、調理担当の女性とその助手もいる。調理係の女性も子どもたちと仲良しだ。

jikoni1.jpg
mamampisi.jpg

 学費はずっと据え置きで一月15,000シリングに給食費が25,000シリングだという。家庭環境によってその支払いが難しい子どもも何人かいるようだけど、そのまま受け入れているそうだ。(1円=約17.5シリング)

 なので、先生方や給食係の女性にはちゃんと給与を払っているけれども校長先生はこのところ、ほとんどボランティア状態らしい。でも幼稚園は夫婦の生きがいでもあるので、しばらく様子を見てみるという。

 この辺りは水道が通ってなかった(近々水道管がひかれるらしい)ので、長い間買い水をしていたが、幼稚園運営にも支障が出るので、2年ほど前に決意して幼稚園の敷地内に井戸を掘った。幸いきれいな地下水が出てきたので、今はそれを汲み上げて使っている。なんと近所の40軒にもその水を安価な月極め料金(現在ダルエスサラームで一人暮らしをしているわたしの先月の水道料金2万2,000シリングよりも安かった)で供給しているそうだ。井戸堀や水道管やそれを汲み上げるポンプやポンプを動かすの電気代の費用などを勘案すると赤字にになるそうだけど、なんか彼らは、肩肘張らずにそういったことをしているのだ。(現在この地域で一人買い水すると1,000ℓで5,000シリングもするそうだ)

kisima-side.jpg

 幼稚園の外側にも水道の蛇口があり、そこから誰でも水を汲んでいくこともできるそうなのだ。もちろん、ご近所との関係もいい。

 わたしのものはみんなのものでもあるって感じ。その鷹揚としたおおきく広々とした精神はどこから湧き出てくるのだろう。

 
 幼稚園に日本から持ってきた絵本『ニョタのふしぎな音楽』をプレゼントした。なんと早速園長先生が読み聞かせをしてくれるという。 

nyota00.jpg


 絵本と先生を見つめ、耳を澄ます子どもたち。
 先生は絵本を読む途中にアドリブも入れてくる。村の音楽グループ「ニョタ」が演奏する(スワヒリ語でンゴマ:ngoma)ページを読んだ後、
「Unaweza kucheza gnoma?(あなたたちもンゴマできる?)」と子どもたちに尋ねると、座っていた子たちが嬉しそうにすっくと立ち上がる。
先生の「何人かはリズムを取り、ほかの子は踊ってみてよ」という声に合わせて、机をリズミカルに叩く子と腰を揺らして踊る子たちどもたち。楽しそうだ。そして先生も声を出して笑ってしまうのだ。

nyotadarasani.jpg

 その後はもう椅子から離れて先生と絵本にかぶりつき状態になってきて、絵本の最後まで楽しそうに聞いていた。

 日本から持ってきた甲斐がありました。ハリマ先生と子どもたち、どうもありがとう!

nyota10.jpg
絵本とともに記念撮影!


 気持ちのいい幼稚園でのひととき。子どもたち、いろんなことを吸収してのびのびと大きくなっておくれよ。

wasichana.jpg
元気な女の子たち!


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック