さようなら、100歳の歌姫Bi Kidude

 昨日(17日)の午後、2時ころFacebookを見ていたら、「Bi Kidude amefariki dunia(ビ・キドゥデ亡くなる)」という訃報が飛び込んできてびっくり。Twitterを見ても、いくつも彼女の死を悼むツィートが見受けられる。ザンジバルのビ・キドゥデをよく知る人に聞いてみたら、17日の午後の1時にザンジバルのブブブにある孫の家で息を引き取ったとのこと。数日前からかなり容体が悪かったらしい。本当に逝ってしまったのね…。

画像
2005年サウティ・ザ・ブサラでのビ・キドゥデ


 ビキドゥデは、100歳を超えるといわれるザンジバルの歌姫だ。生年月日は不詳。本人によれば10歳のころから歌っているそうだけど、ザンジバルでも名を馳せ、外に向けても大いに活躍し始めたのは、1980年代半ば以降、彼女が70歳を超えてからというのもすごい。ザンジバルの音楽祭Sauti za Busaraにもほぼ毎年参加し、海外公演も多く、日本公演も2007年に行っている。

 物心ついたころから歌が好きで、宮廷音楽だったタアラブを、だれでも楽しめる音楽にした歴史上の人物といってもいいザンジバルの歌姫シティ・ビンティ・サアド※1の歌をたくさん聴いて覚えたのだという。「Muhogo wa Jan’gombe(ジャゴンベのキャッサバ)」などシティから教わった歌をビ・キドゥデはたくさん歌いこなしている。

画像
本日のTHE CITIZEN紙 一面にビ・キドゥデの記事と写真が。


 
 わたしが、ビ・キドゥデの歌と演奏を聴いたのは、2005年のSauti za Busaraでだった。会場の人の波を分けるようにして現れたビ・キドゥデは小柄で細かったけれども、背筋は伸びて凛としていて、かっこよかった。

画像


 そして、細長い太鼓をカンガを使って腰に巻きつけ、たたきながら絞り出すような野太い声で歌ったのだった。その周りでは、女性たちが腰をちょっとなまめかしく揺らしながら踊っていた。それは、「外のウニャゴ」といって、本来ならば非公開の女性による女性だけの成人への儀礼の一部分を芸能的に演出したものだったそうだ。
 ビ・キドゥデは、タアラブ歌手だけでなく、ウニャゴの儀礼をつかさどる人でもあったのだ。ウニャゴでは初潮を迎えた少女に性について、またどうしたら悪い男から身を守れるかということについて数日間にわたって教えるのだという。
 ビ・キドゥデの歌と太鼓の迫力をまだ覚えている。

画像

画像


 今年の2月のSauti za Busaraでは、体調が良くないので、もう歌を歌ってはいけないとザンジバルの役所からビ・キドゥデにお達しがあった。でも、せめてファンの皆さんにご挨拶だけでもと、彼女は舞台に上がったのだった。しかし、挨拶が終わってもビ・ キドゥデは舞台を下りようとしなかった。「お客さんたちを喜ばせないことには舞台を降りられないよ」とねばり、タアラブとウニャゴの歌を歌ったそうだ。おまけに客席から質問まで受けつけ、ユーモアを交えながら答えて、客席を笑わせたらしいから、すごいね。※2

 2007年のタアラブバンドのカルチャークラブとともに行なったビ・キドゥデの日本公演の帰りとたまたま一時帰国をしていたわたしは一緒の飛行機になったことがあった。ビ・キドゥデは光沢のあるレモンイエローのふわっとした衣装と頭にスカーフを巻き、花束まで持ってたような気がするから、ステージからまっすぐ空港にきたのだろうか。

 長旅を終えて、やっとダルエスサラームの空港に到着し、いざ降りようと荷物を抱えて乗客たちは立って待ちかまえているのに、なかなか動きがない。そこで、ビ・キドゥデが大きな響く声で「妊婦をいつまでも立たせるんじゃないよ」と言ったので、バンドメンバーはじめ、まわりが大笑いしたことがあった。(メンバーに本当に妊婦がいたのか??いや、ビ・キドゥデ流の冗談でしょう)90歳を超えていただろうにこの元気さ。そしてユーモア。こんなふうに歳をとれたらなあと思うけど。

 昨日の訃報もすぐに広まり、昨夕、我が家にやってきた運転手さんたちやお手伝いさんのZ嬢など、みな、知っていた。Z嬢は「買い物に行った先でラジオで聞いたし、携帯のショートメッセージでも、このニュースが飛び交ってたけど、本当のことなの?」と。

 ビ・キドゥデは、まだまだ生きて、ずっと歌ってくれるものだと思ってたよね。。。 合掌。





※1:* Siti binti Saad(1880~1950) ザンジバルに生まれる。奴隷の身分から、その歌のうまさで引き立てられ、タアラブバンドの歌姫となる。それまで宮廷音楽で、男性だけで、アラビア語で歌われていたタアラブを、スワヒリ語で歌い、庶民も楽しめる音楽とした。初めての東アフリカでの商業用のレコーディングも彼女の歌である。彼女の作った歌詞には政治的なメッセージが含まれることもあった。今もタンザニアの特に女性たちのシンボルとなっている。

参考URL
Bi Kidude afariki,kuzikwa leo MWANANCHI 4/18
http://www.mwananchi.co.tz/-/1597574/1751616/-/item/0/-/73n4g9/-/index.html

※2:Bi Kidude apuuza agizo, apanda jukwaani MWANANCHI 2/17
http://www.mwananchi.co.tz/-/1597574/1696584/-/m858d7z/-/index.html

参考番組
「はだしの歌姫の一世紀~ザンジバル・風待ちの島で~」NHK-BS 2008年放送

参考文献
「ザンジバルの笛」富永智津子 未来社 P.157にビ・キドゥデが出てきます。

この記事へのコメント

びなら
2013年04月19日 06:21
asamiさん。こんにちは。前にコメントさせて頂いたことがあってお久しぶりです。
いつも楽しく拝見しています。
ビキドゥデさんの訃報をタンザニアの方のFacebookで知りました。
カルチャークラブのバンドは日本公演時とザンジバル旅行時に聴きましたが、彼女のライブは未体験でした。いつか聴きたいとずっと思っていました。タンザニアの、世界の人々に愛された歌姫だったのですね。写真と様子拝見して、ありがとうございました。
びなら又はpundamilia
asami
2013年04月20日 15:22
びならさん、

Karibu tena!コメント、ありがとうございます。
ビ・キドゥデの歌と映像はYouTubeにもたくさんアップされているようですね。ライブの迫力とは違うかもしれないけど、歌う表情を見つめながら声を聴いていると味わいがあるかと思います。艶っぽさ感じたりすることも。
一昨日のお葬式には、キクウェテ大統領も参列したそうです。何千人もの人々が別れを惜しんだとか…。彼女の住んでいたKitumba村で永眠するそうです。
M
2013年06月14日 23:18
ああ…この方亡くなられたんですね…。私の夢の一つだったBi Kidudeの生声生歌を聴くことはもう二度と叶わなくなっちゃったのか。。普段Bongo Flavaしか聴かない私が唯一生で聴いてみたいな~と思った程の方だったんですが、、残念ですね。Pole sana kwa Bi Kidude alale salama peponi.

Bongo Flavaと言えば、この間、Mangwearという歌手も突然亡くなられたらしいですね。(結構有名ですがご存知ですか?)彼のスワヒリスラングももう聴けないのか…
asami
2013年06月15日 21:25
Mさん

そうだったんですね。。。。。Bi Kidude、いつまでもいてくれるような気がしてたんですけどね。。。。残念です。

Mangwear…南アで亡くなった人ですね。結構若い歌手やBongo Movieの俳優が亡くなるので、残念やら心配やらですね。。。
わたしはNimezeekaしてしまって、今活躍している歌手は、レディJディーやアリキバくらいしか聴いてないし、金曜日にいつもラジオから流れてくるリンガラなどの懐メロ派になってしまったので、最近のBongo Flavaの歌手はあまり知らないのです。Mさんのお勧めの人は誰ですか?
M
2013年06月19日 20:31
最近…ではないですが、A・YとかPASHA、MARLAW、DIAMOND、TUNDA MAN、Ferooz辺りでしょうか。女性でしたら、asamiさんの仰るJay-deeやNURU、私の一番好きなRay-C、Baby-Jですね。(Baby-Jはセクシーな声してますよ)勿論、Ali KibaやProf-J等の有名どころも聴きます。が、私個人としてはある程度Bongoに聴きなれてから聴いた方がいい気がします。

あと変り種としてMr Niceも一度聴いてみてください。Mr NiceはLugha za mitaaniばかりですので殆ど意味が分からないのですが、その独特過ぎる雰囲気に私は一時期大ハマリしました(笑)

聴いてみられたら気が向いた時にでもまた感想をお願いします。
asami
2013年06月20日 21:30
Mさん、

聴きこんでますね~!以前にブログで書いたけど、Ray-Cには、国内線で一緒になってサイン貰ったことがありますよ(←自慢してる)!かわいかったです。Baby-Jは認識して聴いたことがないので、今度、聴いてみますね。ラジオから流れてくるのは、結構耳にしているんだけど、アーティストを特定して聴いてないので、どれがだれだか???なんですね。
M
2013年06月22日 00:21
そういえばRay-C、つい最近まで大病を患ってたって本当ですか??
現在も?投薬治療中だとかなんとか…で、その治療費?をキクウェテ氏がsaidiaしたとか何とか…っていうのをyoutubeで観たんですが…。。

しかし生Ray-Cは羨ましい…日本にもあなたのファンは居るんだって事を直接伝えたい(笑)
asami
2013年06月23日 15:39
Mさん

昨年はいろんなうわさが飛び交っていたようですね。。そのyoutubeはわたしも見ました。

下記、2005年だったかと思いますが、かわいいRay-Cに会った時の写真が載ってます。
http://57631919.at.webry.info/201105/article_7.html
いつか伝えにきてください(^.^)

この記事へのトラックバック