仲尾友貴恵さんの『不揃いな身体でアフリカを生きる』

 色とりどりのプラスティックでできた食器たち、不規則に入れられている食べ物や飲み物たちの下には新聞紙にビニールクロス。動かないものたちであるのに息遣いがが感じられる。その周りにいるはずの気取りのない庶民的な人々の息遣いや話し声、生活のようすまでが伝わってくる気がする。  仲尾友貴恵さんの『不揃いな身体でアフリカを生きる』の表紙写真だ。…

続きを読むread more