宗教や民族が違っても「同じ釜の飯」を食べられるのさ

 2月には日本の大学に行っている子どもたちが帰省していた。二人ともタンザニア生まれで、高校までは当地で学んでいた。息子は3月に大学を卒業し、4月から日本の社会人となる。娘は卒業までにまだ間があるけれど。  だから息子にとっては、この期間は、誰からも(ほとんど)文句や小言を言われない「わが世の春」なのであった。  タンザニアに帰国…

続きを読むread more

ナイジェリアに押されてる!?

 久しぶりにカンガストリートへ。2月某日、タンザニアに一時帰国中だった娘の服用のキテンゲを買いに行った。  相変わらずにぎやかだったけど、しばらく行かないと前にあった店が別の場所に移ってたりする。空港へ行く大通りに面した店のママが、通路の奥のほうにある店で仕事中なのを発見したりも。  カンガストリートの真ん中…

続きを読むread more

ヌングイ-ザンジバルの造船所

 北の海に行きたかった。  ザンジバルの海辺はどこもだいたい美しい。ときどきお邪魔する三浦砂織さんのパラダイス・ビーチバンガローのある東海岸パジェの砂浜と海もほんとにパラダイスのようだけれど、今回は深い海の色のイメージのある島の北端のヌングイへ息子と娘とでかけた。  ザンジバルのフェリー乗り場から車で約1時間…

続きを読むread more

悲しみを独り占めさせないために

 知り合いの運転手のMさんの妻が急逝してしまった。お葬式には間に合わなかったので、その翌日に何人かの知り合いと一緒に弔問に行って来た。ムスリムなので、亡くなった翌日にはもうお墓に埋葬されていたのだ。まだ30歳だった。それまで元気だったのに突然急激な腹痛に見舞われて逝ってしまったのだ。小学校4年生の男の子Yくんと5歳の女の子Lちゃんの2人…

続きを読むread more

温泉街のようなヌングイ

 海辺のリゾートホテルというと、ポツンと離れた場所にあるか、または周りを囲われているか?していて、3食ともそのホテルでとり、遊びもそのホテル拠点というイメージがあった。  だけど、ザンジバルの北、ヌングイは違ってた。リゾートホテルたちが海のそばに隣り合ってたくさん並んでいて、行き来も結構自由で、まるで日本の温泉街のような雰…

続きを読むread more

マダガスカルのチョコレート!

 マダガスカル在住の方からいただいたお土産。まさか金塊…?  かと思ったら、開けたとたんにうっとりとした香りが広がるチョコレートたち!なのだった。金塊よりもうれしいよ。  マダガスカルのロベールというチョコレート屋さんのもの。  コートジボワール土産のチョコもそうだったけど、紙箱にポンポンって詰…

続きを読むread more